2012年01月24日

3. ZFSストレージプールの作成

まずはディスクを束ねてプールを作成します。
  1. とりあえずディスクの名前を確認したいので、formatを実行。
    # format
    Searching for disks...done

    AVAILABLE DISK SELECTIONS:
    0. c2d0 <ST2000DM- *******-0001-1.82TB>
    /pci@0,0/pci-ide@11/ide@0/cmdk@0,0
    1. c3d0 <ST2000DM- *******-0001-1.82TB>
    /pci@0,0/pci-ide@11/ide@1/cmdk@0,0
    2. c3d1 <ST2000DM- *******-0001-1.82TB>
    /pci@0,0/pci-ide@11/ide@1/cmdk@1,0
    3. c4d1 <Unknown-Unknown-0001 cyl 9722 alt 2 hd 255 sec 63>
    /pci@0,0/pci-ide@14,1/ide@0/cmdk@1,0
    Specify disk (enter its number):

  2. ディスク選択の入力待ちになるが、パーティションを操作したいわけではないので、Ctrl+Dで終了。ちなみにc4d1はOSを入れたディスクで、今回はそれ以外の3本でRAID-Z1を構成する
    : ^D
  3. zpoolコマンドでプールを作成する。名前は例に習ってtankで。
    # zpool create -f tank raidz c2d0 c3d0 c3d1
  4. ちゃんと構成できたかな?
    # zpool status
    pool: rpool
    state: ONLINE
    scan: none requested
    config:

    NAME STATE READ WRITE CKSUM
    rpool ONLINE 0 0 0
    c4d1s0 ONLINE 0 0 0

    errors: No known data errors

    pool: tank
    state: ONLINE
    scan: none requested
    config:

    NAME STATE READ WRITE CKSUM
    tank ONLINE 0 0 0
    raidz1-0 ONLINE 0 0 0
    c2d0 ONLINE 0 0 0
    c3d0 ONLINE 0 0 0
    c3d1 ONLINE 0 0 0


Posted by CTO at 11:35│Comments(0)
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。